PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敷金の解約引きは正当ですか

敷金・敷き引きについてお伺いします。

以前引越しの際、敷金・敷き引きがあり、敷金から敷き引きの金額を差し引かれた上、過失分として、クッションフロアーの傷や熱い物を床に落としてビニール部分のはがれなど5平米分を残った残金から差し引かれました。

今後引越しを考えているのですが、それを考えると今から少し怖いので対処法を教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


借主に故意、過失による損耗がなければ、原則敷金は全額戻ってきます。しかし、(管理会社と)家主にとっては重要な収益源ですので、みすみす返すようなことは決してしません。(ありえません)何かと理由を付けてさも借主が修繕費を負担するのは当然と仕向けてきます。(⇒修繕費が敷金だけでは不足すると追加も要求してくることも多々あります。)

仮に借主に故意、過失による損耗がなくても交渉はまず難航します。したがってもし故意、過失による箇所があれば、そこに付け込んで修繕費の単価の上乗せや、過大の修繕費を請求してくると思っていいでしょう。

まず、少なくとも引越しの2ケ月前に借主の故意、過失と指摘されそうな箇所がないかを部屋全体チェックしてみてください。もしあれば、自分で修理(できない時はリフォーム業者に依頼)して修繕しておくのが最も安上がりです。

(注;ただし、家主の許可なく勝手に修繕したときに、これを家主がどう判断するか難しい問題がでてきます。したがって、問題の避けるために(結構大きな修繕の場合は)一応事前に家主の許可を打診してからやっておいたほうがいいでしょう。)

一応それで懸念はなくなったとして、退去後敷金返還交渉がはじまります。

その際、交渉のガイドとなるのが、国土交通省監修の「賃貸住宅の原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」です。

スポンサーサイト

| 敷金返還・原状回復のトラブル | 17:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://chintai55.blog15.fc2.com/tb.php/87-0f7598bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。