PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

退去前に借主の過失部分のリフォーム申告で修繕できるか?

前回は、退去後管理会社が借主の修繕箇所(新「クッションフロア」)に気づいたという話でしたね。

管理会社の対応は
1)これは依頼人が許可なく勝手に造作したと認定する
2)原状回復を借主に要求
3)自分の下請けの業者に単価上乗せして、工事代請求

折角依頼人がリフォームしても、それを認めない可能性が決してな
いとはいえません・・・。

退去後にこれを管理会社にされるとほんとに参りますよ。
今回この対策はどうするかということでしたね。

対策は貼替のリフォームを自分でしたいと家主に申告するしかないのですけどね。認められるかは・・・??? です。


普通は家主は嫌がります。

借主にいろいろいじってほしくないというのもありますが、本音は退去後に家主サイドでリフォームして、それに利益を上乗せしたほうが儲かるからです。

ですから、この時は仮に借主がリフォームしなくても、自分できっちりと業者に依頼して、見積もりをとっておくんです。

そのリフォーム見積もりには材料のメーカーと型番もお忘れなく。
そうすれば、家主がリフォームして、それに利益を上乗せしたものかどうかが判定できます。

もし上乗せしてれば、自分で見積もりすればこうなったとクレームいえますからね。

今回はここまで。

スポンサーサイト

| バックナンバー | 08:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://chintai55.blog15.fc2.com/tb.php/76-3d85f007

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。