PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

消費者契約法と特約との関係について

2001年4月1日より消費者契約法が施行されました。消費者契約法により賃貸契約の特約事項はどのように取り扱われますか?
--------------------------------------------------------------

この法律により原状回復費用を一方的に借主に負わせる事項は、本来家主が負担しなければならない修繕義務や原状回復義務を借主に負担させるものとして、無効と判断される可能性がでてきます。

この場合契約書の特約事項に退去後のリフォームについて言及していることがよくあります。

例えば、畳表の交換、襖や障子の張替え、天井やクロスの張替え、カーペットの張替え、鍵のシリンダーの交換、清掃費の実費負担などです。

これらは借主に一方的に負担を強いるものとして、無効と判断される可能性がでてきます。実際判例でも無効とされているケースもあります。
スポンサーサイト

| 敷金返還・原状回復のトラブル | 17:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://chintai55.blog15.fc2.com/tb.php/29-e9ad01ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。