PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

賃貸トラブル全般の【有料】メールカウンセリングも受付してます

有料メールカウンセリングも受付しております。

賃貸トラブル、敷金交渉など賃貸関連の悩み全般に関してメールカウンセリングを格安にて行っております。

詳しい有料カウンセリングを低価格で¥3,000-で受けられます。

下記リンクの専用フォームからお申し込み下さい。
(※所用で不在の場合は1週間ほど返信が遅れる場合がございます。悪しからずご了承願います。)

有料カウンセリング申し込み

※お申し込み後に詳しいお客様の相談・依頼内容について伺います。
※所用で不在の場合は1週間ほど返信が遅れる場合がございます。
 1週間経過しても返信のない場合は恐れ入りますが再度お問い合わせ願います。


【カウンセリング相談者の皆さんの声】




返信ありがとうございます。

貴殿の助言に助けられ、粘り強く交渉する事(それまで消費者相談窓口、住まい相談、無料弁護士、県宅建協会、国土交通省に相談し、独学でも勉強して)、約2週間。
メールでもお送りした通り、保証金・仲介手数料・保険金が全額戻ってきそうです。申込金(手付金)となった1カ月分4.6万円は家主側にいきます。今回は特別なケース仲介業者の根負けで「契約締結中(成立前と後の間中)の和解による預り金の返還」というのでしょうか?

結果:預け金(保険金含め)総額「18万9千50円」の内、「14万3千50円」の返還。「4万6千円」の損失(予定)です。

昨日、今までの営業の担当者に代わって、責任者(未確認のため自称?)からの連絡で「仲介手数料は全額返還する」と頂きました。「後日、家主から保証金を返金する」との事。

今は今後の進行を決めている段階で

1)和解内容の覚書の下書きを事前にメールにて確認させて頂く。

2)仲介手数料¥2万4千150円、保証金¥10万円の返還期限日を決めてから、覚書にその返還期限日を入れて頂く。

3)仲介手数料の入金確認後、覚書に私が署名・捺印する。

4)解約通知書を家主に送る

5)保証金の入金確認後、延滞なく契約書を店に返却する

をメールしました。
終わり方も「きちんと締めて」終わりたいです。
追伸:メールで大変お手数をお掛けしました。

(兵庫県、N・O様)
スポンサーサイト

| 敷金精算、賃貸問題等の無料メールカウンセリング | 10:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://chintai55.blog15.fc2.com/tb.php/152-33df20e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。