PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪地裁(平成17年4月20日、事例8)

(事実の概要)【事例8、敷金のうちの敷引き40万円、返還32.6万円】
賃貸マンションなどを出る際に敷金の一部を家主が差し引く関西地方を中心とした慣行をめぐり、借主が「負担が重すぎ違法」などと返還を求めた訴訟で、大阪地裁の横山光雄裁判官は、敷引特約が消費者契約法10条に違反するとして、「適正額を超える部分は無効」と判断、8割余の返還を家主に命じた。

借主は、年6月、大阪市浪速区に所在するマンションの1室につき、家賃月7万円(共益費月1万円)、賃借期間2年との内容で賃借し、夫婦2名で、11カ月間居住し、2004年5月に引っ越した。

(判決要旨)
1)敷引制度そのものは「長年の慣行で必ずしも不当とは言えない」
2)保証金や契約期間などを考慮した適正額があるとし、今回の物件では「保証金の2割(10万円)とみるのが相当」と補修費の過払い分を含め約32万6000円の返還を命じた。
スポンサーサイト

| 敷金返還訴訟判例 | 13:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://chintai55.blog15.fc2.com/tb.php/15-accb60db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。