PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その他設備機器などの損耗事例

今回は賃貸の退去時の具体的損耗事例でその他設備機器などの例の紹介です。

1)住居のハウスクリーニングの例
修繕費用の請求にハウスクリーニングの項目のある場合は注意が必要です。

退去時に借主が通常の清掃(拭き掃除、台所の油汚れの掃除、ゴミ撤去など)をしている場合は、このハウスクリーニングの目的は次の入居者を確保するためのものと判断されます。

したがってこの費用は借主が負担する必要はありません。

2)トイレ、台所の消毒
このような項目は日常の清掃項目とは異なり、借主の管理範疇を逸脱していると考えられます。

これは家主の負担するのが妥当です。

3)鍵の取替え
借主の鍵の破損や紛失ということがない場合、入居者が入れ替わることにより交換する場合は賃貸物件の管理の問題と判断されます。

従って、借主に負担の責任はありません。

ここでもし鍵を紛失してしまった場合は、当然借主に鍵の代金分の弁償は負担する必要があります。しかし、鍵の交換費用までの負担は不要です。ここは注意が必要ですね。

管理会社は鍵の交換が必要と多分請求してきますね。
借主の皆さん必ず反論しましょう。

4)エアコンなど設備機器の故障、使用不能
その設備に耐用年数がくることによる故障や使用不能は、経年変化による自然損耗と判断されます。

借主が負担する必要はありません。
スポンサーサイト

| 具体的損耗の事例 | 01:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://chintai55.blog15.fc2.com/tb.php/101-f812a3f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。