2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上の階の住人の足音や夜中のイビキの騒音の対処

近隣のトラブルで比較的よく聞くものに騒音がありますね。
今回は過去相談の依頼のあったものから紹介します。

     ~~  ここから  ~~

引越しをしてまだ1ヶ月以内なのですが、上の階の住人の足音や夜中のイビキ、真夜中にドタバタ歩き回るなどの騒音に耐えかねて、退去することにしました。この場合、敷金、礼金を1ヶ月分ずつ払っているのですが、1ヶ月も住んでいないのに敷金からクリーニング代を出してもらうと言われました。礼金も支払っているのに、敷金は全額返金しては頂けないのでしょうか?

     ~~ ここまで ~~

礼金は戻らない可能性が高いと思いますが、敷金は適切に交渉すれば返還させるのは可能でしょう。クリーニング代も負担する必要はありません。
(国土交通省のガイドラインを参考にしてください)

ここは敷金を返還させるために、じっくりと戦略を練って行動されることが大切です。交渉には必ず証拠を確保しておくこと。

そうすれば、法的手続きとなっても有利となりますし、相手も追い込めます。
退去時立会いは損耗を指摘された箇所も含め主なところは必ず写真を撮影しておくこと。
(できれば知人にも同席してもらい証人になってもらうこともいいでしょう)

とまあ敷金の方は心配ないでしょうが、わざわざ退去しなくてもまず管理会社、家主に充分動いてもらうのが先のような気がします。

うまくいけば上の階の住人もおとなしくなる可能性もあります。
そのほかにも可能性は低いですが、住宅の欠陥というもあります。

そのとき家主には天井裏の防音工事などの要求もだすべきでしょう。

また、地元の簡易裁判所に調停を申し立てるという方法もあります。
費用的にも安いですし、調停委員があなたに代わって上の階の住人をしっかり説得してくれます。

騒音以外にも結構使える手です。
トラブルでお悩みの方は一度試してみてください。

今回はここまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

この集中豪雨は積乱雲が一気に発達して雨をふらせるというものですがこれも温暖化の影響なのでしょうかね。

今年は特に変だと感じたのが台風がほとんど本土に接近、上陸しないこと。まあ降水量は充分なので、水不足の懸念はないでしょうが、やはり気象は温暖化でおかしくなってるんでしょうね。

これからも気象が気になります。
スポンサーサイト

| バックナンバー | 09:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敷金返還請求する

自然ないし普通に生活して生ずる損耗については、家主の負担により修繕されるべきものです。このような理由にもかかわらず、修繕費を敷金から差し引かれた場合や理由もないのに敷金を返してくれない、そんな家主さんが最近目立ちます。

敷金精算交渉をしても家主サイドから、納得のいく説明がえられず、したがって敷金も返還されないというケースもでてきます。

こういう場合は、内容証明郵便で敷金返還請求をしましょう。
敷金返還請求の証拠として内容証明郵便が効力を発揮します。

ただし、単にいついつまでに敷金を指定口座に振り込めでは何の回答もないケースがあります。したがって出すからには意義のある内容証明郵便にする必要があります。

それは家主の異議のある場合は内容証明郵便で必ず回答させるということです。もし、回答のない場合は、「敷金の全額返還に同意した」と解釈するという一文を付けるといいでしょう。

これで家主は必ず何らかの回答をする必要がでてきます。

それでも返してくれないときは、小額訴訟または支払督促の手続きをとることになります。

| 敷金交渉 | 08:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特約はほんとに有効??(No.7)

契約書の特約をたてに原状回復費の負担を求められたら・・・どうするかということでしたね。

これは簡単なんですが、契約書をまじめにとらえている人にはなかなか回答がだしにくいかもしれません。

なぜなら、『箱をななめから見る』ような感じですからね・・・。(何事も杓子定規のように捉えてはいけませんね)

ここで特約ってどういうものかと簡単にふれておきます。

特約とは「通常の取り決めとは異なることを決めている」というふうに理
解できます。


本来民法では経年変化による自然損耗などは借主に責任を負わすことができない、つまり家主が負担するべきとされてます。しかしこれを「契約自由の原則」で変更しているのです。

変更した「特約」の結果として、経年変化による自然損耗についての修繕費用を借主の負担とすることもできるという契約書をつくっているわけなんですね。

これを略して「原状回復特約」とか「修繕特約」と呼んでいます。


こうして管理会社は

「いろいろ主張もおありでしょうが、畳・襖等についても特約に記載しております通り借主様の負担とさせて頂きます・・・。」

等などと特約をたてに借主は負担することに同意して契約していると、敷金からの原状回復費用を引くことを正当化させているのです。


借主の皆さんはこれにどう反論しますか?きっちり反論できますか?

≫ Read More

| バックナンバー | 06:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。