2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

礼金、敷金、仲介手数料の知識

今回の事例研究は、『礼金、敷金、仲介手数料の知識』ということでお届けします。

★事例研究11)礼金、敷金、仲介手数料の知識

賃貸物件の紹介を受けて契約が成立すると不動産会社に、仲介手数料を
支払うことになります。

その額は賃料によることが宅建業法によって定められてますが、依頼人の一方からは賃料の半月分以下と決められてます。(合計額は1ケ月分)つまり借主から半月分、家主から半月分ということになります。

借主の無知につけこんで大抵1ケ月分を請求されますが、これはおかしいと抗議しましょう。

繰り返しますが借主が支払う仲介手数料は賃料の半月分です。
それ以上は支払う必要はありません。

礼金、敷金の金額については民法他とくに法律には規定はありません。
各地方の慣例で運用されてますが、借主がOKすればその金額となります。

最近敷金、礼金なしという物件が増えているようですが、それだけ物件の競争が激しいということでしょうか。

借り手は顧客なのに商売している方に礼金を支払うなんておかしな制度ですよね。

日本にはおかしな制度が慣習として残ってますが、この賃貸業界もその1つといえますよね。

------------------------------------------------------
2.【敷金交渉のコツ】~交渉の経緯は証拠として残しておこう
------------------------------------------------------

≫ Read More

スポンサーサイト

| バックナンバー | 01:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。