2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

床建具(窓、ふすま等)の損耗事例

今回の具体的損耗事例は床建具(窓、ふすま等)編についてお届けします。

1)窓ガラス

借主の不注意や過失が原因で窓ガラスにヒビがはいった、割れたなどの場合は当然借主の負担となります。しかし、地震で割れた場合は、自然災害による破損となりますので、借主に負担の責任はありません。
 
2)網入りガラス

網入りガラスのヒビ割れが発生するときがあります。これは構造的なも
ので金属とガラスの膨張率が異なることから自然に発生するケースもあ
ります。したがって借主の責任ではありません。

3)網戸の張替え

網戸が破損していなくても入居者が入れ替わる場合は張り替えることが
多いです。その場合は次の入居者を確保するための物件の価値を高める
維持、管理の問題ですので家主が負担するのが妥当です。

4)飼育していたペットがキズつけた柱やふすまの破損
 
猫などを室内で飼育しているとツメを研ぐために柱にキズをつけたりす
ることがあります。共同住宅では今だペットの飼育は一般的ではありませんが、これは飼い主の躾の問題でもあり、たとえ軽微なキズでも

借主の責任とみなされるケースが多いものです。

5)ふすまの日焼け、変色

退去時にたいていふすまや天袋の張替え費用は管理会社からよく請求
されますよね。

その場合借主の過失による損耗、破損は当然借主の負担となります。

ただし、日焼けや変色の場合は自然損耗ですので借主の負担にはなり
ません。
スポンサーサイト

| 具体的損耗の事例 | 01:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

床(畳、フローリング、カーペット)の損耗の事例

今回の具体的損耗事例は床(畳、フローリング、カーペットなど)編についてお届けします。

1)畳やフローリングの変色、色落ち

日照などは通常の生活では避けられないものですので、それが原因の変色や色落ちは借主が負担する責任はありません。

2)家具の設置による床、カーペットのへこみや設置跡

人が居住すれば家具を設置するのは普通のことですので、設置だけで生ずるへこみ、跡は自然損耗になります。したがって借主が負担する必要はありません。

3)キャスター付きのイス等によるフローリングのキズやへこみ
 
キャスター付きのイスを使用すれば、その転がりがどういう結果をひきおこすかは当然予想されます。したがって借主はその使用については充分注意する必要があります。

軽微なキズなら問題ないかといえますが、その程度によっては家主より善管義務違反と取られるケースもあります。

4)カーペットに飲み物などをこぼしたシミ、カビ

通常の生活で飲み物をこぼすなんてのはよくあることです。ただ、そのあとの始末についてはちゃんと手入れしておくことが無難です。

手入れを怠ることでシミ、カビにまでなれば借主の善管義務違反として責任を問われる場合もありうるということは想定しておきましょう。

この場合もキャスターと同様です。

5)フローリングのワックスがけ

借主の退去後に家主が原状回復費用(ハウスクリーニングに含ませる)として請求するケースもあります。

これは物件の維持管理に関する問題であり、借主には全く負担する責任はありません。

クロス、床の損耗について、管理会社などはさも借主が負担するのは当然のような論旨を展開してきます。

彼らの言うことに惑わされないよう”毅然”と反論しましょう。

そうすれば、こちらが敷金を取り戻すのに本気だと伝わります。これって意外と重要なことなんですよ。

| 具体的損耗の事例 | 21:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。