| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敷金返還請求する

自然ないし普通に生活して生ずる損耗については、家主の負担により修繕されるべきものです。このような理由にもかかわらず、修繕費を敷金から差し引かれた場合や理由もないのに敷金を返してくれない、そんな家主さんが最近目立ちます。

敷金精算交渉をしても家主サイドから、納得のいく説明がえられず、したがって敷金も返還されないというケースもでてきます。

こういう場合は、内容証明郵便で敷金返還請求をしましょう。
敷金返還請求の証拠として内容証明郵便が効力を発揮します。

ただし、単にいついつまでに敷金を指定口座に振り込めでは何の回答もないケースがあります。したがって出すからには意義のある内容証明郵便にする必要があります。

それは家主の異議のある場合は内容証明郵便で必ず回答させるということです。もし、回答のない場合は、「敷金の全額返還に同意した」と解釈するという一文を付けるといいでしょう。

これで家主は必ず何らかの回答をする必要がでてきます。

それでも返してくれないときは、小額訴訟または支払督促の手続きをとることになります。
スポンサーサイト

| 敷金交渉 | 08:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国土交通省の原状回復の負担のガイドラインとは?

国土交通省は、原状回復の負担についてガイドラインを示しています。

このガイドラインは、退去時における原状回復をめぐるトラブルの未然防止のため、賃貸住宅標準契約書の考え方、裁判例及び取引の実務等を考慮のうえ、原状回復の費用負担のあり方について、妥当と考えられる一般的な基準をまとめたものです。

【ガイドライン例】
★貸主負担分
・破損していない畳の裏返しや表替え
・家具による床などのへこみ
・日照による畳やクロスの変色
・タバコのヤニ
・テレビや冷蔵庫後部の黒ずみ
・壁などの画びょう、ピンなどの穴
・専門業者による全体のハウスクリーニング
・台所、トイレの消毒
・浴槽、風呂釜の取り換え
・破損や紛失していないかぎの取り換え


★借主負担分
・設備機器の故障、使用不能
・カーペットに飲み物などをこぼしたことによるシミ、カビ
・冷蔵庫下のサビ跡
・引越し作業で生じたヒッカキキズ
・雨が吹き込んだことなどによるフローリングの色落ち
・台所の油よごれ
・結露を放置したことにより拡大したカビ、シミ
・壁などのくぎ穴、ねじ穴
・天井に直接つけた照明器具の跡
・飼育ペットによる柱などのキズ
・風呂、トイレ、洗面台の水あか、カビなど
・日常の不適切な手入れもしくは用途違反による設備の毀損


このように、具体例を示していますが、あくまでも一般的な基準であり法的拘束力はありません。 また、特約についても「必要性がありかつ客観的で合理的理由」があれば認められます。

| 敷金交渉 | 14:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敷金を取り戻す上で大事な5つのポイント~無料レポート

賃貸契約の敷金は退去後(引越し後)ツボを押さえて交渉すれば半分程度は確実に戻ってくる、またはほとんど取り戻すことも充分可能だということを知ってましたか?

『え~敷金は部屋の原状回復費用(リフォーム費用)に3分の2以上差し引かれて、残金があれば戻ってくるんじゃないの』・・・って。

実は違うんですよね。私もこれまで、何度も引越ししてきましたが、敷金の金額は結構大きな額ですよね。家賃の2~4ケ月分くらいで普通でも20~30万円、多い場合は40万円も超えるますよね。

ちょっとしたコツを知っていれば10万円くらいは簡単に取り戻せます。

【無料レポート】
敷金を取り戻す上で大事な5つのポイント

dc_book2.edit1.JPG

「敷金を取り戻す上で大事な5つのポイント」(PDF版)を無料で進呈しています。この内容が、敷金を取り戻したいというあなたに少しでもお役に立てば幸いです。

この無料レポートを読んであなたが得られることは次の通りです。

・物件退去前にやっておくべきノウハウとは?
・物件退去時の注意事項は?
・国土交通省のガイドラインの使い方のコツとは?
・内容証明郵便はなぜ利用する?
・訴訟の使い方  

等・・・

このレポートの内容でも重要なポイントだけをおさえてあれば、敷金を簡単に取り戻せる場合も多々あります。そのコツをこの無料レポートで解説します。実際に敷金を取り戻している方々の事実を元にしています。敷金返還を目指すほとんどの方にとってお役に立つ内容だと思います。お読み頂けると嬉しい限りです。

敷金を取り戻したい方は他にいませんか?

以下登録フォームより無料レポートをご請求ください。

申し込む

注)独自配信メルマガにもあわせて登録させていただきますのでご了承ください。

| 敷金交渉 | 15:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。