| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

消費者契約法とは

消費者契約法とは、平成13年4月1日に施行された法律で、その目的は消費者の利益を保護するために作られたものです。

宅建業者の不適切な勧誘により締結された契約や、賃借人などの利益を不当に害する契約は無効とすることができます。

これは宅建業者と消費者では、その交渉力や法律などに関する知識などに大きな差があるという認識のもとに、消費者は賃貸契約を取り消すことが可能となりました。

この法律の施行により、原状回復の特約を契約書に規定しても、賃借人に一方的に不利益を与えていると判断された場合は、その契約書の特約は無効とされる可能性があります。

実際、最近の裁判所の判例でも上記判決が下された例も出てきています。
スポンサーサイト

| 賃貸用語解説 | 16:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敷金とは

敷金とは、賃貸借契約が終わったときに借主に債務(例;ドアなどを壊してしまった場合に、その修繕をしなかった時などがあたります)がある場合、その額を差し引き、残った残額を借主に返還する約束で借主から家主に支払われるお金のことをさします。

普通、居住用物件の場合で、家賃の1~3ヶ月位が一般的ですが、営業用の物件ではその額が10ヶ月分以上ということもあります。

≫ Read More

| 賃貸用語解説 | 14:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仲介手数料問題とは

家主から預かっている物件に借主を見つけると、業者に成功報酬として
支払われる手数料のこと。

宅地建物取引業法により、最高限度額が規定されており、賃貸の場合
借主、家主双方より合わせて賃料の1ケ月分以内となっています。

これまでは借主から1ケ月分を徴収するケースがほとんどでしたが、
平成12年に仲介業者のエイブル、ミニミニの2社に対して、東京都
が行政指導したことで、翌年エイブルが仲介手数料の大幅減額を実施
しました。

このことが全国的に波及して、仲介手数料減額がはじまりましたが、
現在では一部に限定されているようです。

| 賃貸用語解説 | 14:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敷金・礼金とは

建物を賃貸借する場合において、賃料その他賃貸借の関係から派生する
借主の債権を担保する金銭のことです。

通常借主が入居するときに家主に対して支払われます。

★敷金のよって担保される範囲
・賃料の滞納
・退去する際の部屋の修繕費 など

敷金は退去すると返却されるものですが、礼金は通常返却されないものと
され、賃料の前払い的な性格のものです。

| 賃貸用語解説 | 14:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原状回復とは

原状回復とは、賃貸住宅の物件の退去時に行います。

国土交通省が平成10年に作成した原状回復のガイドラインによれば、
「賃借人の居住、使用により発生した建物価値現象のうち、賃借人の故意、
過失、その他、通常の使用による損耗」に位置ずけされています。

すなわち、普通に居住して発生する自然損耗や汚れは等は経年劣化と
され、借主には修繕の義務はありません。

賃貸契約書に「原状回復」と記載されていても、それは借りたときの状態に
もどすということではありません。

この解釈の相違は、昨今の賃貸・敷金トラブルの大きな原因の1つといえ
るでしょう。

| 賃貸用語解説 | 08:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。