| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敷金をいつまで無駄に払い続けますか?

敷金は本来全額返還されるべき性格のものということを、借主の皆さんのうちどれくらいの方が認識されているでしょうか?

1割?、2割?いやもっと少ないでしょう。

そして、敷金精算の交渉で全額、あるいは希望額どおりに取り戻すことができた方はほんとに少数だと思います。敷金が返還されるべきものと知っていても管理会社にうまくやりこまれてしまうことが多いのです。

>>> 敷金返還トラブル・交渉の手引き
あなたはまだ無駄に敷金を払い続けるつもりですか?
もしあなたが敷金を取り戻したいのならば、このマニュアルは最良の結果をもたらしてくれることでしょう。
敷金を取り戻したい方はもう他にいませんか?


通常、原状回復費用と称してその工事代金を敷金から差し引いて、残金があれば戻る・・・、と借主に巧妙に仕向けているだけなのです。

私自身これまで何度も引越しをしてきたなかで敷金精算の交渉を管理会社(&家主)と行ってきましたが、全額黙って返還されたことはただの1度もありません。

しかし、何度も交渉を行ううちに交渉のコツとどうすればより多く敷金を取り戻せるか、そのノウハウにだんだん気がついてきたのです。

ここでは、賃貸契約、特に敷金精算に関して借主側に是非知っておいてほしいことについてお伝えします。このサイトの情報を知って実践するだけで、敷金5万円くらいは簡単に取り戻せるでしょう。

あとは皆さんがやるかやらないかだけです。  Good Luck!!

(注;明らかに借主の故意・過失による損耗がある場合は、その修繕費用は当然借主の負担になります。)
スポンサーサイト

| 敷金とは | 10:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敷金は返還請求するだけでは戻ってきません

敷金は退去後に『原状回復費用を差し引いた残金』が戻ってくる...とあなたは思っていませんか?...

ちょっと待ってください。誰がそんないいかげんなことを信じこませているのですか?本来敷金は借主に賃料の未払いや故意・過失による損耗がなければ全額返金されるものなのです。

インターネット上には、敷金交渉の仕方が、数え切れないほど存在しています。しかし、これから交渉しようとするあなたにとって、残念ながら、その交渉の仕方のほとんどが役に立たないものばかりなのです。

なぜ、そう言い切れるのか?それは、ほとんどのノウハウは、断片的な情報ばかりだからです。

あなたが敷金交渉で成功するために本当に必要な情報は、断片的な情報ではなくて、敷金交渉の全体の戦略像です。

もしあなたが敷金を取り戻したいならばこのマニュアルは最良の結果をもたらしてくれることでしょう。

敷金交渉の秘密

| 敷金とは | 16:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敷金の定義をあなたは説明できますか?

敷金とは、賃貸借契約が終わったときに借主に債務(例;ドアなどを壊してしまった場合に、その修繕をしなかった時などがあたります)がある場合、その額を差し引き、残った残額を借主に返還する約束で借主から家主に支払われるお金のことをさします。

普通、居住用物件の場合で、家賃の1~3ヶ月位が一般的ですが、営業用の物件ではその額が10ヶ月分以上ということもあります。

家主は、賃貸借契約が終わったときに、特別の理由がない限り建物の明け渡しを受けた後に借主に敷金を返還しなければなりません。

すなわち、建物の修繕が必要な場合や家賃の滞納がある場合、その額を差し引きした残額を返還することになります。

この場合に注意しなければならないのが、その建物の修繕の原因が借主の故意、過失によるものか、それとも経年変化による自然損耗かというのが問題になります。

| 敷金とは | 14:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。